ブログ – ページ 5

  • HOME
  • ブログ – ページ 5

コチラのページでは①教育情報の提供②推薦・入試対策に使える情報③オンライン指導
を使った実践例など投稿していきます。
毎日更新いたしますので、是非ご覧ください。

【マーケティング】ドリルを売るには穴を売れ①

【マーケティング】ドリルを売るには穴を売れ①

モノではなく価値を買う。大切な4つの視点とは… 【結論】                                    ・ベネフィット ・セグメンテーションとターゲット ・差別化 ・4P   【内容】 <ベネフィット> ベネフィットの種類 機能的ベネフィット 情緒的ベネフィット[...]


詳細はこちら

【専門バカはN G】なぜ、今本を読むのか

【専門バカはN G】なぜ、今本を読むのか

【結論】 人としての深さとは ✖  専門分野だけを突き詰めて他の分野を全く知らない ◯ 全人格的に総合的にバランスよく高く、理解  【内容】 専門分野の知識が豊富であっても、その知識を生かすうえでの多角的な視点がなければ意味がない。 難しい問題を対処していくには歴史や宗教、哲学など幅広い[...]


詳細はこちら

【コミュニティ】ここを押さえると強い

【コミュニティ】ここを押さえると強い

ここ数日で感じたことを簡単にまとめます!  【結論】 これからはコミュニティを正しく作れるかが本当に大切。   【一言】 さて、ここ数日は自分が所属しているコミュニティーの所に顔を出してきました。 そこで感じたのは『その中で色々話が回ったり、共通の思いや認識があるコミュニティーを作ってい[...]


詳細はこちら

【育成】自己効力感の育て方

【育成】自己効力感の育て方

【結論】 自己効力感の要因は、4パターンに分かれる 達成経験 →自分が成功したり、達成したりする経験 代理経験 →他人が何かに成功したり達成したりすることを観察 言語的説得 →自分に能力があることを言語的に説明される。励まし 生理的・情緒的高揚 →雰囲気や酒などその他の要因で高揚すること[...]


詳細はこちら

【承認5.0】実は○○だけをやらなくていい。

【承認5.0】実は○○だけをやらなくていい。

【結論】 毎回レベル4の褒めるだけをやるのが承認ではない。 レベル1の見る、レベル2の気付くで十分満たされる。 【内容】 <レベル5>喜ぶ+(オプション人から聞く) <レベル4>褒める <レベル3>認める <レベル2>気付く <レベル1>見る   【一言】 ぬまっちさんは、こう仰っていた[...]


詳細はこちら

【ぬまっち流】世界一のクラスの作り方②

【ぬまっち流】世界一のクラスの作り方②

前回の続きになります。 前回の内容をまだ見ていない方はそちらも一緒にご覧下さい! 【内容】 <なぜ挙手を求めないか> →意見はあるけど、手を挙げていうほどじゃないと思っているから →言いやすい環境づくりを大切にしている <座って意見を言わせる> →立ち上がるデメリットを考えての結果 →立[...]


詳細はこちら

【ぬまっち流】世界一のクラスの作り方

【ぬまっち流】世界一のクラスの作り方

ここでは2回に分けて、 セミナー時にお話をしていた内容のポイントをお伝えいたします! 【内容】 <聞き方> うなずきを大切にする →うなずいてくれると嬉しい →「あ〜」「お〜」とリアクションをする <M C型授業とは> 子どもの発言を拾って繋げる →子ども主導 →テンポと切り返しがポイン[...]


詳細はこちら

【ルールメイキング・プロジェクト】校則を変える取り組み

【ルールメイキング・プロジェクト】校則を変える取り組み

【結論】 経済産業省が主催をしている。 校則を含む、「学習環境」を、デザインし続けるプロジェクト   【一言】 日本社会における一人一人の人生の充実や、日本の組織の課題解決に必要なのは、 「組織環境デザイン」と「ルールメイキング」の力。 自分たちで現状のルールを変えたり作ったり[...]


詳細はこちら

【先駆者】オンライン活用の2名が意識していること

【先駆者】オンライン活用の2名が意識していること

【内容】 YouTuber葉一さん 元々は塾に勤めていた。 動画配信を始めたきっかけは 月謝の関係で塾に通えない人が多かった それに対して、周りはしょうがないと言っていたがタダで提供できる場所を作りたかった てぃさん 子どもを夢中にさせる、飽きさせない工夫 動画を見てもらう時は、 子ども[...]


詳細はこちら

【伝染】教育は得意な所だけやる

【伝染】教育は得意な所だけやる

【結論】 教育は伝染をする。 苦手な先生が無理にその教科をやろうとするのはN G。 上手に教えているビデオやオンラインを使い、 子ども達と一緒に学ぶ形を作る方が効果的。 理想は生徒の1/3を先生化すること。  【一言】 人だから得意不得意があってしょうがない。 そこを先生だからと言って無[...]


詳細はこちら