ブログ – ページ 3

  • HOME
  • ブログ – ページ 3

コチラのページでは①教育情報の提供②推薦・入試対策に使える情報③オンライン指導
を使った実践例など投稿していきます。
毎日更新いたしますので、是非ご覧ください。

【収容定員数が多い私立大学】

【収容定員数が多い私立大学】

本日は螢雪時代さんの記事を引用させて頂きながら、 定員数が多い私立大学に関してまとめていきます!   【結論】 ・東北学院大学 10,878人 ・青山学院大学 17,674人 ・慶應義塾大学 26,143人 ・国士舘大学 11,310人 ・駒澤大学 13,580人 ・上智大学 11,22[...]


詳細はこちら

【収容定員数が多い公立大学5校】

【収容定員数が多い公立大学5校】

本日は螢雪時代さんの記事を引用させていただきながら、 定員数が多い大学に関してまとめていきます!   【結論】 ・東京都立大学 6,296人 ・大阪市立大学 6,184人 ・大阪府立大学 5,635人 ・兵庫県立大学 5,158人 ・北九州市立大学 5,567人   【一言】 東京、関西[...]


詳細はこちら

【併願校の基準設定】これを参考に決めていこう!

【併願校の基準設定】これを参考に決めていこう!

本日も螢雪時代さんの記事を引用させて頂きながら、 併願校に関して深掘りしていきましょう!   【結論】 併願校について <目標校> 偏差値+3〜5程度 <実力相応校> 偏差値+−2程度 <合格確保校> 偏差値−3〜5程度   【内容】 <標準型> 目標校 1 実力相応校 3 合格確保校 [...]


詳細はこちら

【併願校】第一志望合格をつかむプランニング!

【併願校】第一志望合格をつかむプランニング!

本日は螢雪時代さんの記事を引用させていただきながら、 併願校を選ぶ上での重要なポイントをまとめていきます!   【結論】 <原則1> 受験全体の軸となる第一志望校を明確にする <原則2> 校数を水増しせず、無理な高難度受験も避ける <原則3> 第一志望校の受験&対策に集中できる状況をつく[...]


詳細はこちら

【コロナ禍】国公立大二次試験2022年はどう変わる?

【コロナ禍】国公立大二次試験2022年はどう変わる?

本日は螢雪時代さんの記事を引用させて頂きながら、 2022年の国公立大の試験に関して深掘りしていきます!   【結論】 <学科試験など> ・21年は中止した個別学力検査や、選抜方法を復活する大学・学部が目立つ。 ・今後の感染状況により、対面式でない選抜への変更と実施方法を明記した大学もあ[...]


詳細はこちら

【九州大学 2次試験の正攻法】

【九州大学 2次試験の正攻法】

螢雪時代さんの記事を引用させて頂きながら、 九州大学の出題傾向をまとめていきます!   【結論】 九州大学 ・英文読解は内容説明や英文和訳などの記述型 ・文系数学は計算力を要し、理系数学は知識や論理的思考力を問われる ・現代文や記述量が多く、古典は内容説明や口語訳など典型的な出題   対[...]


詳細はこちら

【プレゼンテーション対策②】気になる所をピックアップ!

【プレゼンテーション対策②】気になる所をピックアップ!

先日から推薦対策の子を指導しているため、 プレゼンテーションの記事や本を見ることも以前より増えました! 今日はその本から、 プレゼンテーション対策で気をつけることのまとめ部分だけを ピックアップしてお話ししていきます!   【結論】 <アイデアの整理法> 情報を分類する 構成を考える 関[...]


詳細はこちら

【プレゼンテーション対策】気になる所をピックアップ!

【プレゼンテーション対策】気になる所をピックアップ!

先日から推薦対策の子を指導しているため、 プレゼンテーションの記事や本を見ることも以前より増えました! 今日はその本から、 プレゼンテーション対策で気をつけることのまとめ部分だけを ピックアップしてお話ししていきます!   【結論】  <プレゼンテーションの流れ①(準備編)> テーマを確[...]


詳細はこちら

【なぜ?を知ることが伸びる最低条件】

【なぜ?を知ることが伸びる最低条件】

  この仕事をしていて、 『伸びている子はなぜ伸びているんだろう』 『伸びている子の共通点はなんだろう』 と考えることが多いです。   私なりの考えとしては、 『自分で失敗の原因や間違えた理由を仮説だとしても立てられる人』 『素直に信じて実行してくれる人』は伸びるなと思っていま[...]


詳細はこちら

【オンライン教育を広げる理由】

【オンライン教育を広げる理由】

今日は、 ゆる~く伊藤塾長の考えを聞いてみようのコーナーです笑   なぜ私がこんなにもオンライン教育を広げようとするのか? それは、   『オンラインをしっかりと扱える塾がまだ沖縄にない』 『オンラインでしか変えられない子もいる』 『オンラインで家庭生活も豊かになる』   と考えているか[...]


詳細はこちら